やましろロゴ

緊急連載 これでいいのか市町村合併

  HOT情報   (1)2002年4月〜8月   (2)2002年9月〜
            (3)2002年12月〜

  
相楽郡の各町村主催「住民懇談会」レポート

  ■
これでいいのか市町村合併
       (1)急速に動く市町村合併
       (2)「小さくても元気な自治体シンポIN高知」に参加して
       (3)押付けの市町村合併に反対し、地方自治を守る運動をさらに広げよう
             精華町職員組合執行部声明
       (4)合併問題を考える和束の会・準備会の町への公開質問状(全文)
       
  寄稿
            7・13町村合併相楽郡民集会での発言   坪井久行(精華町会議員) リンクです
          
なぜ人間は愚をくりかえすのかー強制的市町村合併を憂える  辻井栄滋
          
「合併とまちづくり」              吉岡和彦(自治体問題研究者)
            突如、7市町の合併準備の任意協議会の立ち上げへ。住民の声を無視。首長の独断で(O)
         
[運動レポート]
            府南部の市町村合併に反対し、地方自治を守る運動を進める住民と自治体労働者                                                精華町職員組合  尾崎立治
  


  
精華町「合併問題を考える会」からの投稿コーナー
  
  ■日本共産党の見解コーナー
      ○相楽郡任意合併協議会発行のパンフレット「相楽郡の町村合併を考える」の配布中止、
     回収を求める申し入れ
      ○ゴリ押しの7市町合併に反対、任意合併協議会の結成の中止を

  
  ■住民の立場から相楽の合併を考えるシンポジウム2・16
(全記録)

  ■市町村合併を考える  「京都自治労連」機関紙より転載
                          
                          1、なぜいそぐ、地方自治のゆく先は?
                          2、どれだけの規模の自治体が適正か
                          3、自治体は住民のもの
                          4、自治体は大きければいいのでしょうか
                          5、合併すると本当に財政は豊かになるのでしょうか
                          6、広域化で地域の利便性はたかまるのでしょうか?
                          7、「広域的な視点にたったまちづくり」は何をねらうのでしょうか 
                          8、合併すると10年後は確実に、大幅に減少する交付税
                          9、合併後10年は特例債(借金)を湯水のように大型建設事業に投入
                         10、合併して疲弊した村と小さくてもガンバル自治体の差はどこから生まれた?

▼トーク・トークTOPへ