やましろロゴ

<京田辺市>来年度から、就学前まで医療費が助成されます。

署名にご協力ありがとうございました。みんなでとりくんできた成果です

 京田辺市で来年4月から、乳幼児医療費の無料化制度が就学前年齢までひきあげられることが、12月7日の京田辺市議会の市の答弁であきらかにされました。京都府南部でははじめて就学前までの助成制度となります。これで一部負担金の200円を払えば、これまでの0才〜2才の時と同様になる見込みです。
 子どもの医療費助成制度は、いまは、3歳未満です。
 「集団生活を送るようになってからの方が医療費がかかる」「3歳になるとアトピーがなおるわけでもない」・・・・・。
 お母さんたちの切実な願いを市政にと99年6月就学前までの拡充を求める請願を市議会に提出。9月議会で全会一致で趣旨採択されました。 昨年12月には、2186人の要望署名をもって市交渉してきました。「京都府の動向をみる。予算的に無理」と市は、冷たい対応でしたが、引き続き実現にむけてがんばりました。
 今年、全国と京都で「乳幼児医療費無料制度を国と自治体に求めるネットワーク」ができました。また3月議会で国と府に対して「子育て支援に関する意見書」が可決されました。京都府の制度が前進すれば、京田辺だけでなくすべての自治体で実現が可能です。新婦人京田辺支部は、は、ひきつづき京都府と国に対しても実現にむけてとりくみます。

 お母さん方の声

実現したと聞いて、 うれしくて。 しばらく してじーんと涙が・・・ 。(S)
市交渉に参加して「2歳の娘は、来年から安心して医者に通えなくなる。なんとかしてほしい」 と訴えて本当によかった。(Y)
署名してよかった私たちの願いが本当に市政を動かしたんだ。 (M)
下の子も3歳になり医療費が1回2000円を越えています。 一挙に 2人が助成されて助かります。(O)
協力してくれた多くの人のおかげです。実現できてありがとうございました。(K)

 「やっと思いがとどいたんだ」  折戸裕子さん
 
 多くの署名で実現、何とうれしいこと  米田恵美子さん

 これまでの運動は⇒


          (新日本婦人の会京田辺支部,支部長 能海栄美子)


 ▼いま府南部ではTOPへ